社長あいさつ

100年企業をめざして

サーパス工業は、1982年の設立以来30年以上に渡り、フッ素樹脂を中心に耐薬品性、耐リーク性のある高品質なコネクター、バルブ、センサーなどの開発・販売に努めてまいりました。それは、サーパス(超越する)という社名に恥じないように社員が一丸となって、不可能だと思われる課題に、お客様と一緒になって挑み続けてきた歴史そのものです。そして、その歴史と創業者の想いを引き継ぎ、私たちはこれからも、自分達自身を超越し続けていきたいと思っております。

 

 

今私たちは、フッ素樹脂で積み上げてきた「設計Know-How」「加工技術」「電気」「制御」といった技術を融合させ、高品質なメカトロニクス製品の開発に取り組み、ますます高度化していく産業界に対応しようとしています。

 


お客様の課題はいつの時代も無くなることはありません。私たちは、どのようなニーズにも決して「NO」と言わないチャレンジスピリッツ溢れる「ものづくり」のプロフェッショナル集団として、限界とされる課題を超越し、常に他社に先駆けて優れた解決策をお客様に提案し続けてまいります。そしてその先に、お客様、協力会社様、そして従業員ともに歩み続けていく100年企業として、SURPASSな流体機器の総合メーカーの姿を描いています。

代表取締役社長 今井高志